ウチの青い鳥 / モニィ//06年3月26日、わが家にコザクラインコがやってきた。
2011/11/27 (Sun) 111127 任務終了
Monny(57)g

DSC_3764.jpg DSC_3779.jpg

モニィは元気。モニィはえらい。モニィがいてほんと助かるよん^^
ご褒美に放鳥時間延長。でも時間になったら、勝手に自分からおうちに帰っちゃった(笑)


今日は火葬の日です。凍ったPをなでなでし、またまた記念撮影(きりがない…) 箱に入れ花をちりばめ、小松菜を添えました。そしたら、段ボール箱もカンオケらしくなりました。生花の威力絶大。(写真は自主規制。でもほんとに眠っているようでしたよ)
DSC_3817.jpg DSC_3805.jpg

うさぎの骨は小さくて、骨壷の下のほうに少しだけです。三寸とかいう一番小さい壷なんですけど。名前を書いたら仏様の感じがしてきました。骨は自宅保管します。

未練がましい気持ちが残っていましたが、火葬することにより、断ち切ることができた気がします。これからは少しずつ元気になる予定です。
無事に任務終わりました。見守ってくださったみなさま、ありがとうございました。


 じつは、Pが死んだら動揺し混乱しているうちに、次の子を迎えてしまおうという、そういう荒療治計画もあったのですが。うーん、実行は難しかった…。

2011/11/25 (Fri) 111125 納期厳守
大切にタオルに包んで冷凍室に入れたP-2。1日に1度と決め、なでなでしています。そのときはニンマリ。毛皮のせいでしょうね。冷凍硬直ものですが、なでてうれしくなります。「ぴーつーは凍ってもかわいい!(爆) 」。自分でもビックリの感情です。

冷たいけどよくできてる、スーパーリアルなかわいいぬいぐるみを、わざわざお金を出して燃やすなんて。なんてもったいない。なあんてアヤシイ考えも湧いてきます。でもここはがんばりどころかな?だから宣言し、やらざる得ないようにしよう。七日目の予約、ちょうどよかったかも。

27日(日)午前10時 火葬
28日(月)骨壷写真アップ 納期厳守っと


たくさんのあたたかいコメント、ありがとうござました。皆さんに見守られて、P-2もわたしも果報者です。
そしてモニィもいます。介護の癖で、夜中に何度か目が覚めたとき、呼びかけると必ず、モニィがお返事してくれるので癒されます。



突然お話変わりますが、三途の川って実在するんですねー。知らなかった。
http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/kanko02-04.htm

2011/11/23 (Wed) 111123さよならP-2
2011年11月21日午前1時ごろ、P-2に「さよなら」されてしまいました。13才4ヶ月と28日、与えられたうさぎ生を生ききったと信じます。なにしろ普通なら約2匹分とも言える長さかも。最近はまじで不死身な気がしてきたくらいです。

P-2をかわいいと言ってくれた、全世界のたくさんの皆さん(笑)、いままでありがとうございました。

大病も大怪我もせず、長寿を全うした幸せなうさぎでした。
なによりP-2と暮らせて、わたしはシアワセでした。

寝返りと食糞は、少々介護が必要でしたが、
・死ぬ三日前まで、超スローながら走ってました。
・二日前に走れなくなりましたが、食欲は旺盛でした。
・前日は立てなくなり、抱っこで少し食べました。

別れは近い予感がしましたが、しばらくは、少なくとも2-3日は、「ねたきりP」をやるだろうと思っていました。でもPはもう、眠くて眠くてしかたなかったようです。そしてそのまま永遠に、眠ったままになりました。

なでなでしながら並んで寝て、1時ごろに目覚めると、Pは毛布から這い出し、わたしのほうににじり寄って寝てました。抱っこし顔に近づけると、息が感じられません。あわてて心音を確かめると、こちらも停止。ほんとうに眠ったまま逝ったようでした。

なるべく苦しまずに最後を迎えさせてやりたいと願い、それがかないました。しかし、思わぬ欠点が、、、。
あまりにのどかな死に顔に、眠っているとしか思えないのです。現実が実感できず困りました。P自身も死体としての自覚がないようです?

そんなこんなで困った時のネット検索。「火葬か埋葬か剥製か悩んだら、とりあえず冷凍室へ」、というアドバイスを採用。Pは冷凍室保管にしました。これで多少落ち着き、検討の結果、27日(日)午前10時に個別火葬に決めました。

あと数日は、凍った「カチカチP」と会えます。それがうれしいという、まったくもってアヤシイ飼い主です。でもま、いいよね。日曜日の朝までだし、ちょうど七日目の火葬、そこを区切りにします。

それにしても最後の夜、わたしの方ににじり寄ったPは、何を言いたかったのか?うっかり眠ってしまったことが心残りです。Pのこと、「スイカが食べたい」とか。「サクランボちょうだい」かなぁ?^^


【注意】:次に写真を載せますが、死後の写真です。飼い主的にはのどかな顔なのですが、受け取り方は人それぞれです。気にならない方だけ、続きをご覧ください。

2011/11/20 (Sun) 111120
Monny(56)g,P-2(1151)g

DSC_3523.jpg DSC_3532.jpg

モニィは今日も元気。
止まり木をきれいに齧った。上手だねー。コレ高かったのに・・・。
値段に関わらず、止まり木は消耗品ってことか。

DSC_3659.jpg DSC_3684.jpgいい子でおやすみ中

P-2。走れなくなったら、あっという間に立てなくなった。ご飯を食べる間もふらついて転ぶ。転んだら起きれない。

夕べはPの世話で眠れなかった。どうしたものかと考え、枕を並べて寝ることにした。うさは自力で起きれないのだから、おとなしいものだ。
しかしずっとなでてやらないと催促する。もうっ(笑)



立てないので、ごはんも抱っこ。そして抱っこ芸。
耳をモミモミすると条件反射のように、両手で顔を洗う。

DSC_3664.jpg

震災の備えに、古い石油ストーブを出して試運転した。
これは30年ほど前に購入し2-3年使用後、物置に入れっぱなしだった、アラジンブルーフレーム。芯の手入れをしたら問題なく使用出来た。替芯も現行モデルと同じでいける。おもわず「すごい!」。

エアコンと違い、全く音がしない。静かに静かに部屋を暖める。ストーブの上にタジン鍋を置いたら、いい具合に夕飯が出来上がった(ただし調理に使用するのは保証外)。
石油ストーブ、えらいなあ。これで自動給油ならいいのにねっ

2011/11/08 (Tue) 111108
Monny(56)g,P-2(1145)g

モニィは絶好調。


バードバスより、P2の水入れの方がきにいってしまい。めんどうなことに。
でも骨盤は閉まってるし、えらいねー。

P-2も絶好調かな?ま。年齢にしてはねっ




ビワの葉っぱは9月に撮影。今はもうかたくて食べれないけど、まだ元気。
ムービーにしたら速く走ってるように見える!
実際はずーっと遅い。でもおじーちゃんはがんばってます。

プロフィール

Yukiko Kobayashi

Author:Yukiko Kobayashi
別館 鳥小屋 [ウチの青い鳥]

小桜インコMonny(もにぃ)の記録。06,03,26~15,04,14。暮らしたのは1才から10才まで。
現在は2代目うさぎ「ぐうた」11,03,24生。我が家に来たのは2才近くの 13,01,21。

本館うさぎ小屋はこちら

P-2(98,06,24~11,11,21)

メールで問合せ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ



QRコード

QR



RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する