ウチの青い鳥 / モニィ//06年3月26日、わが家にコザクラインコがやってきた。
2006/07/30 (Sun)
DSCN2874.jpg DSCN2886.jpg DSCN2893.jpg

野菜があまり好きでないモニィ。生牧草や小松菜はちぎって腰に差そうとするし、青菜のペレットは食べないし。いつも冷蔵庫にあり。保存のきくニンジンを食べてくれると助かるんだけど。ということでニンジン作戦。取りにくいようにしたら、ムキなって囓った。ほとんど散らかすのだけど、少しは食べている。やったね!

そういえばPもニンジンが嫌いで、短冊に切ったり、星形にしたり、あげくはPの前でおいしそうに食べてみたりと、1ヶ月以上かけて食べるようにさせたっけ。モニィは二日で食べた。えらいもんだ(笑)

大好きなブランコは破壊が進み、トゲが刺さりそうで危険。新しいの買ってきた。注意書きがあり、「食べられません。ボロボロになったら交換してね。」と、6カ国語で書いてあった。でも日本語表記はない。やっぱり日本は鳥さんの需要が少ないのかな?

DSCN2891.jpg

卵は中にグルーを詰めてみた。合成樹脂で軽い。一個のみ塩を詰めてからグルーで蓋。わりと重みも出てよさげ。でも塩が殻を通してしみ出さないか?と、作ってから心配に。ま、いいや保存用だし。制作日を記入してパック。

2006/07/22 (Sat)
DSCN2837.jpg DSCN2859.jpg DSCN2860.jpg

発情期を無事乗り切り、ブランコ復活。楽しそうに遊んでいる。
ブランコをよく見ると、カジカジあとが。コザクラ恐るべし。Pも負けずにがんばれ~、と励ましたけど、すぐ飽きた。

ムービー 飛ぶの大好き 操縦不能の小型ヘリが、部屋中を飛び回る。

DSCN2854.jpg

そうそう、卵は穴を開け、中身を出して洗浄、ただいま乾燥中。

2006/07/18 (Tue)
DSCN2847.jpg

モニィのタマゴ、いつ片付けたらいいのか気を揉む毎日。飼い主が勝手に取り上げない方がいいらしい。抱卵したいようなら、一週間ほどさせた方がいいらしい。しかし、抱卵時自分のお腹の羽を抜き暖めると聞くと、また毛引きを思い出すかもと心配でもある、

だが心配をよそに、当鳥が片付けた。最初から卵には興味を示さなかったが、じゃまそうにクチバシで転がしたら、底網のすみっこ、隙間が少し広いところに落ちた。すると気をよくして?、次々で転がし片付けてしまった。すべてホールインワン(笑) そして卵も割れなかった。けっこう丈夫。

その後以前のように、止まり木で休むようになった。このまま発情が終わってくれるといいのだが。紙は与えず違う遊びで忘れさせようとしている。でも体重は平常より3gほど多いし、生牧草をあげても腰に差そうとしている。しばらく要観察。

モニィの卵の加工用にミニルーターを購入。待ち時間に練習をと、ウズラの卵を買ってきた。比べるとこんなに大きさが違う。練習用になるウズラさん、きっと君も苦労して産んだ卵なんだろうね。でも愛はエコヒイキなの。ごめんよー。

スーパーで卵を見ると、ちょっと複雑な気持ちになる今日この頃。

2006/07/14 (Fri)
DSCN2793.jpg DSCN2832.jpg

手のひらに乗せようとしたら、羽を広げカモーンポーズのモニィ。体重は55gと増えている。こりゃタマゴ産むかなと思っていたら、予想通り産んでしまった。11日の朝、電話して知った。

7/9-11、小旅行に行った。その準備の中、モニィのケージが血だらけになっていた。大あわてで病院へ。右足の爪を傷つけただけだった。うさぎも爪を傷つけると出血がすごいが、インコはそれ以上かも。でも大事に至らなくてよかった。ブランコで大車輪なんぞしてたせいかもしれない。発情もしていることだし、旅行中心配でもあるし、ブランコは撤去。

帰宅して実物を見ると迫力がある。4gもある、これをあと4個も産むのかな?5個産むと合計20g、ふだんは体重50gだとういうに、いやはや疲れそうだ。12日朝の体重57g。またすぐ産むのかな?
DSCN2835.jpg

最初の産卵から二日後、13日朝、2個目を産んだ。生み立てのタマゴを見てるようなモニィ。この後どうしたかというと、クチバシで右にコロンと転がした。興味はないらしい。なにもじゃまそうに転がさなくても。でもま、クチバシだったんだし、足で蹴ったわけじゃないしぃ?

コザクラは5個ほど産まないと気が済まないらしい。今回のタマゴは加工して、次回の発情期には偽卵として使おうと思う。1-2個産んだだけで5個産んだと勘違いさせるためだ。うまくだまされてくれるといいな。あ、その前にうまく加工できるといいけど。

追記:こういう偽卵の使用はいけないそうだ。卵の数は鳥自身があらかじめ決めているので、当鳥がナットクするまで見守るのがよいそうだ。
ってことで、交換用にどうかな?所詮無精卵、腐敗しやすいから。

2006/07/07 (Fri)
DSCN2780.jpg DSCN2769.jpg DSCN2749.jpg

ケージの外でも中でも、腰に巣材を差すのに夢中のモニィ。コザクラの習性で、メスはこういうことやるらしい。たまにオスでもやる子もいるらしい。

発情スイッチが入り、無精卵を産むと面倒なのでやらせたくないのだけど。でもモニィは霧中。他に注意を向かせようと、生牧草を入れてやっても、けっきょく囓って腰に差す。相当な凝り性らしい。

この性格が毛引きから自咬症にエスカレートしたのかな?もしかしてタマゴ産むかもしれないけど、いまのところ毛引きを忘れているのが助かる。

面白いのでムービーも撮ってしまった
はりきりモニィ1
はりきりモニィ2

で、差した物はどうするかというと、すぐに忘れる。差したいという欲求はあるようだけど、執着はないらしい。副作用がなければ好きなだけやらしてあげたいくらい。なにしろ楽しそう。

2006/07/02 (Sun)
DSCN2697.jpg DSCN2729.jpg

カラーなしで飛ぶのが楽しくしかたないモニィ。呼ぶと肩に飛んでくる。呼ばなくても飛んでくる。Pも昔はそうだったけどね。いまじゃすっかりえらくなってしまった。モニィも若いうちだけかな?

しかしなぜかケージ内では床に降りるのが好きになった。隅っこでご機嫌にしている。そしたらきのうは、エサ箱に入ってしまった。発情スイッチが入るとまずいので、写真撮ったら撤去。小皿に変えた。

しかしついに今朝、翼をふるわして「カモーン」と求愛行動。オスはいないんだけど(^^; タマゴ産んじゃうかな?無精卵なんぞ産ませたくないけど。

なんにしても心配の種は尽きないものだ(笑) でもこのどさくさで毛引きを忘れてくれないかなあ。

プロフィール

Yukiko Kobayashi

Author:Yukiko Kobayashi
別館 鳥小屋 [ウチの青い鳥]

小桜インコMonny(もにぃ)の記録。06,03,26~15,04,14。暮らしたのは1才から10才まで。
現在は2代目うさぎ「ぐうた」11,03,24生。我が家に来たのは2才近くの 13,01,21。

本館うさぎ小屋はこちら

P-2(98,06,24~11,11,21)

メールで問合せ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ



QRコード

QR



RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する