ウチの青い鳥 / モニィ//06年3月26日、わが家にコザクラインコがやってきた。
2006/05/30 (Tue)
DSCN2484.jpg DSCN2490.jpg

最近のブームは輪ゴムのひっぱりっこ。最後は必ずモニィの勝ち。だからうれしくてたまらないようだ。するとPも張り合って?^^

写真で見るように、カラーがボロボロになってしまった。再度付け替えに病院へ。ついでにPの爪切りもかね、2匹いっしょ。
モニィの経過は上々。ずいぶんと羽が生えてきた。あと2週間もすれば完治の予定。でもクセになっている毛引きが直る保証はない。むしろ直らない可能性が高い。

この子は初めてのカラーなのだろうか?元親さんから連絡がないので、いままでの詳しい病歴が不明。解るといいのだけど。(見てたら連絡ください。>にしやんさん)

DSCN2504.jpg DSCN2488.jpg

飼い主は元気にしてるからいいか、なんて思っているが、当鳥にとってエリカラはツライ。世をはかなんで首つり?早まるな!?
これは無農薬ワラで作ったおもちゃ、かじりーずシリーズ。最初は怖がってたけど、気に入ったらバリバリ。4連ワッカだったのが、囓り倒して最後の一つになってしまった。すぐに飽きるPより、100倍根性ある。
ローブで繋いだら、縛り首みたいで可愛いでしょ?(笑)

ケージに張り付き、笑いを取ろうとしてるのではなく、「なでて」と言ってるらしい。その証拠に、クチバシや頭をなでてやるとうれしそうにする。

2006/05/23 (Tue)
DSCN2464.jpg DSCN2456.jpg DSCN2474.jpg

ぴーつーとモニィの好きな野草、こうやって水差しに入れて飾りながら保存。みずみずしくて、とてもきれい。二人とも喜んで食べるから、摘んでくる甲斐がある。特にモニィには遊び道具として、気分転換も期待。

カラーにめげず、毎日元気。たいへんそうだが、やっぱり飛びたいらしい。窓辺へも自分の羽で飛んでいった。毎朝のネットチェックも欠かさず。こちらは徒歩。

2006/05/18 (Thu)
DSCN2413.jpg DSCN2433.jpg DSCN2424.jpg

カラーに慣れたようでほっとしていたら、今朝はケージに付いた筆毛を発見。クチバシが尾羽の付け根に届いてしまったのだ。なるべく小さめにと、ギリギリまで切ったのがアダとなってしまった。首回りも少しゆるいようだ。

夕方再度病院へ行き、付け直してもらった。前より一回り大きくカット。写真を2枚並べたら、かなり大きくなったのが解る。首回りも少しだけきつくしてもらった。かわいそうだがしかたない。でも逞しく遊ぶ。ケージ内も飛んだり跳ねたり、カラーが大きくなったことを感じさせない。エライぞ。なにげに似合ってるし?^^

さらに2週間になってしまったが、とにかくあと2週間。そしたら羽が生えてくる。ただカラーをはずしたとき、毛引きに替わる趣味が見つかるかどうか。これが最大の問題。

2006/05/16 (Tue)
DSCN2402.jpg DSCN2400.jpg DSCN2396.jpg

どうしても天上に昇りたいモニィ、かなり苦労しているので、ケージを買い換えた。床面積は同じで、高さが54cmから44cmになった。ニンゲンの目からもかなり小さくなった感じがする。するとかなり大胆に動くようになった。やはり高さが恐かったようだ。インコにとってクチバシは手、その手がほとんど使えなくなったのにたいしたものだ。

食器は床に設置、食器から食器に跳ね回る。なんで床がそんなに嫌いなんだか?食器の縁に止まり、羽ばたき練習するものだから、部屋中シードがまき散らし。元気なら、もうどーでもいいや。

サクランボの葉っぱをやったら、またもやエリカラ有効利用。逞しいのでほっとする。そしてついに飛んだ。相当な空気抵抗と想像するが、いい根性している。えらいぞ、モニィ。これで運動不足もクリアだね。

2006/05/14 (Sun)
DSCN2354.jpg DSCN2369.jpg DSCN2348.jpg

Pのキュウリを囓るもにぃ。夕方病院に連れて行くと決めていたので、多少のことは黙認。というのは毛引きが進化し、自咬症になったからだ。風切り羽の下は皮膚が露出し、痛々しい。一番恐れていた事態になってしまった。もうエリザベスカラーしかないだろう。

昼間はご機嫌で遊んでいるのに、寝てる間に自分自身を突いているらしい。精神安定剤も効かず、もう打つ手がないのだ。覚悟の上で病院へ。予定通りエリカラ付けられて帰宅。コケまくりで手のひらの上でないと食べれない。カラーをはずそうと必死。かわいそうだが、ここでくじけるわけにはいかない。

ケージ内のレイアウトも変えないと危険。様子を見ながら、カラーは小さくしてよいと、指示されていたのでハサミでカット。なにかと気が疲れる作業だ。しかしPは焼き餅。足元で抗議のホリホリ後、ふて寝?

DSCN2385.jpg DSCN2389.jpg

翌日。えさ箱、水入れを変えてやったら、なんとか自力で食べた。止まり木はアブナイのではずしたら、カゴの側面に止まる。地面?はきらいなのだ。一番下に一本だけ設置。満足そうに休む。しかもカラーはじゃまだが、シードをちょっと乗せて食べるには便利なのを発見。有効利用まで覚えた。

カシコイゾもにぃ!カシコイついでに、カラーはいくらがんばってもはずれない、はずしてもまた付けられると解ってね。

2006/05/09 (Tue)
060509monny.jpg DSCN2332.jpg

もにぃの名刺を作ってみた。テニスコートでの世間話で、インコを飼い始めたことを話したら名前を聞かれ、「馬みたいだね」と言われてしまった。「ポニー」と聞き間違えられたらしい。P-2名刺は何種類も作ったけど、もにぃはまだだった。よし、来週はコレを持っていこう。背中のハゲは見えないんだから、「かわいい」と言わせなくっちゃ(笑)

名刺用の写真を撮ったのだけど、使えたのはコレ1枚だけ。あとは2番目のように、みんな瞬きしていた。まばたきが多いとは、写真屋泣かせなヤツ(笑)

2006/05/05 (Fri)
DSCN2303.jpg DSCN2308.jpg DSCN2322.jpg

食後は爪楊枝、コザクラの常識ね(ウソ) 野草食べてるだけ。
飲み薬とともに、おもちゃや野草など、気を紛らすものをいろいろ考える。出来るだけのことをしているつもりだけど、効果があるようなないような?

これから夏になるし、多少のハゲは涼しくていいかも?もにぃの毛引きは趣味、そのうち趣味も変わるかもしれないと、おおらかに(開き直って)対処することにした。元親さんとは連絡取れないし、悩んでもよくなりはしない。趣味を極めることだけは止めてもらいたいが。

GWになり、すっかり初夏の陽気。Pはだるくてしかたない。しかしもにぃは元気いっぱい。色合いもPは冬向き、もにぃは涼しそうで夏向きだね(笑)

ムービー カーテンクライミング
投薬で嫌われたが、工夫して飲ます。なんとかご機嫌を直してもらった。やれやれ。

プロフィール

Yukiko Kobayashi

Author:Yukiko Kobayashi
別館 鳥小屋 [ウチの青い鳥]

小桜インコMonny(もにぃ)の記録。06,03,26~15,04,14。暮らしたのは1才から10才まで。
現在は2代目うさぎ「ぐうた」11,03,24生。我が家に来たのは2才近くの 13,01,21。

本館うさぎ小屋はこちら

P-2(98,06,24~11,11,21)

メールで問合せ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ



QRコード

QR



RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する